「雑誌付録の流出」販売元のリスク管理を環境コンサルタントがサポート!

株式会社Planning Office

048-470-2110

〒352-0001 埼玉県新座市東北2-31-13 ミュージション志木

営業時間:9:00~18:00

事例集

「雑誌付録の流出」販売元のリスク管理を環境コンサルタントがサポート!

Planning Office@公式ブログ

2018/11/08 「雑誌付録の流出」販売元のリスク管理を環境コンサルタントがサポート!

環境コンサルタントが販売元のリスク管理をサポート!
magazine-1090148_640
christmas-3015798_640manicure-870857_640

株式会社Planning Office@公式アカウント

環境コンサルタントのPlanning Officeが企業のリスク管理をサポートします。

昨今、新聞や雑誌Webによる購読が進み販売数が減少傾向にあるなか、販売元は様々な
戦略をもとに販路を見出しております。

 

その一つが雑誌にギフトやノベルティなどを綴じ込み消費者の購買意欲を高める戦略です。

 

但し、出版部数が全て消費者の手に届くわけでもなく、多くの部数は返品扱いとなります。
これら返品扱いとなった残本は、製紙原料となる紙類と付録に選別され適切な処理を行われる
ことでしょう。

 

然し、時として誤った処理のフローの構築から不適正処理による「流出」事案が発生して
おります。本件と異なりますが、処理を委託したはずの航空機搭載用の撮影機(カメラ)が
オークションサイトに出品されるなどとメディアで報じられました。

 

「適切な廃棄物処理は事業者自ら確認しなければならない事項がある」ことを理解しなければ
なりません。

 

然しながら、処理のフローを本質的に理解することは難しく、多くの事業者は業者方のアナウンス
が絶対と考える担当者も少なくありません。

 

廃棄物処理に係る課題解決へのコンサルティング
プランを形に変える実行力でスキームの構築を目指します。

 

環境コンサルタントのPlanning Officeは、事業者に寄添い、これらリスクを未然に防ぐ
コンサルティングとアドバイザリーから適正な処理の方法とスキームの構築をサポートいたします。

organization-chart-1989202_640

提供するサポート内容は、当該廃棄物を見極め選別や分別の方法、仕分けされた物品に
対する適合事業者の検索と協議、そして運用までを当社が担います。

 

また環境への負荷軽減を目的に、資源の有効利用から循環型社会の構築を目指すことで
事業者の社会的責任(CSR)をバックアップいたします。

 

その他、環境保護活動、作業環境、省エネ、資源有効活用と廃棄物の適正処理、
保管や物流に関する問題点や課題への業務改善は当社にお任せ下さい。
(ご相談窓口 ☎048-470-2110 ✉https://plan-office.jp/contact/ )

 


◉プロモーションから読みとるPlanning Officeのサービス↓↓

◉弊社代表が「サッカー元日本代表 城 彰二さん」と対談しました!


◉当社サービスを分かりやすくセレクションサイトを運用中 ↓↓

%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88

環境・物流コンサルタント,マネジメント事業

株式会社Planning Office(プランニング オフィス)
TEL:048-470-2110
住所:埼玉県新座市東北2-31-13ミュージション志木
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜祝日
オフィシャルサイト http://plan-office.com/
セレクションサイト https://plan-office.JP/
コンタクトフォーム https://plan-office.jp/contact/

 

#PlanningOffice #環境コンサルタント #適正化診断 #業務改善 #資源有効活用
#適正処理 #東京 #神奈川 #埼玉 #千葉 #群馬 #栃木 #関東 #甲信越 #中部 #関西
#東北 #山陽 #山陰 #四国 #九州 #北海道 #川崎 #横浜 #横須賀 #船橋 #市川 #市原
#消火液 #発泡試験 #廃液 #PFOS

TOP