事業所移転の困ったにお応えする環境コンサルタントはPlanning Office!

株式会社Planning Office

048-470-2110

〒352-0001 埼玉県新座市東北2-31-13 ミュージション志木

営業時間:9:00~18:00

事例集

事業所移転の困ったにお応えする環境コンサルタントはPlanning Office!

Planning Office@公式ブログ

2018/11/15 事業所移転の困ったにお応えする環境コンサルタントはPlanning Office!

株式会社Planning Office@公式アカウント。

事業所移転サポートは株式会社Planning Office!
%e6%90%ac%e5%87%ba

コンサルタント会社が不要品の処理方法をレクチャー!

 

当社は製造業とサービス業に特化した環境コンサルタント会社。
廃棄物の種類と荷姿状態から的確な処理の方法を分かりやすくレクチャーいたします。

 

事業所移転で重要なことは「確実な移転計画」と「廃棄処理」

事業所移転は大手運送会社をはじめ各社が当該業務を提供していることでしょう。

 

運送会社は搬出、移動業務、棚入れなど輸送業務はプロフェッショナル!
では不要品の処理はどうでしょうか?

 

事業所移転では不要な什器備品、原材料、製品や商品、機密・個人情報を含む不要書誌など、
様々な廃棄物が発生します。

 

移転業務でもリスク管理を徹底!

 

■以外と知らない廃棄物種類(品目)と事業者責任

廃棄物処理法では、廃棄物の種類が細かく定め分類され、当該廃棄物と種類(品目)の整合性を確認、
収集運搬事業者の取得品目を確認することで、はじめて処理を委託することが可能です。
異なる種類(品目)の選定による不適正処理は、事業者にとって大きな代償をもたらします。

 

処理法では、排出者となる事業者の責任の範囲を厳しく定めており、関係法令を遵守し処理を

行わなければなりません。

 

■当社サービスの特徴

当該業務に係るリスクを未然に防ぐコンサルティングをお客様へご提供します。

お気軽にご相談ください。

 

①廃棄物の適正な処理方法
②廃棄物の減量方法
③廃棄物の再生利用方法
④廃棄物の分別と引渡方法
⑤その他関連業務一式

 

 

環境・物流コンサルタント,マネジメント事業
株式会社Planning Office(プランニング オフィス)
ご相談窓口 ☎048-470-2110 ✉https://plan-office.jp/contact/
住所:埼玉県新座市東北2-31-13ミュージション志木
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜祝日
オフィシャルサイト http://plan-office.com/
セレクションサイト https://plan-office.JP/
コンタクトフォーム https://plan-office.jp/contact/ 

 

#Planning Office #環境コンサルタント #適正化診断 #業務改善 #資源有効活用
#適正処理 #東京 #神奈川 #埼玉 #千葉 #群馬 #栃木 #関東 #甲信越 #中部 #関西
#東北 #山陽 #山陰 #四国 #九州 #北海道 #川崎 #横浜 #横須賀 #船橋 #市川 #市原
#消火液 #発泡試験 #廃液 #PFOS

TOP