環境コンサルタントが処分方法と委託業者の選定方法をアドバイス!

株式会社Planning Office

048-470-2110

〒352-0001 埼玉県新座市東北2-31-13 ミュージション志木

営業時間:9:00~18:00

事例集

環境コンサルタントが処分方法と委託業者の選定方法をアドバイス!

Planning Office@公式ブログ

2019/09/11 環境コンサルタントが処分方法と委託業者の選定方法をアドバイス!

株式会社Planning Office@公式アカウント

 

【産廃処理】
■企業の成長をサポートするPlanning Officeの環境コンサルティング!

産廃コンサルティング 環境ソリューション 業務サポート 廃液処理

 

昨今、益々厳しさを増す傾向の事業活動から生じる廃棄物処理業務、
廃棄物処理法で定める事業者の責任の強化とコスト負担の見直しは
日々の検討課題ではないでしょうか。

 

原文で定める事業者責任の範囲は、地方自治体から許可を取得する事業者に
処理を委託したことで完結したことではありません。

 

では「どうしたら?」と事業者・担当者の多くに聞かれます。

 

適正処理と法令順守は当然の如く比例します。

 

廃棄物は、発生から選別と保管、処分方法の検討、委託業者の選定、
現地確認、委託のタイミング、中間処分の状況確認、最終処分の確認まで
処理に係るフローを理解してこそ事業者の社会的責任を全うでき適正に処理が行われたと言えます。

 

とはいえ、大手企業は専門の部門・スタッフがその対応を図りますが
中小で実施・実行することは一部を除き困難な作業とも言えるでしょう。

 

現在の法律では、罰則もある廃棄物処理法、
知らなかったでは帳消しや挽回することはできません。

これら廃棄物処理業務に係るリスクを未然に防ぐコンサルティングとアドバイザリーを

Planning Officeがビジネスプランでご提供致します。

 

コンサルタント事業

◆弊社が提供するコンサルティングのポイント
①リスクを未然に防ぐコンサルティング

②処分方法には選択肢が存在することをアドバイス
③企業間協力に対する事前協議と運用管理

まずはお気軽にご相談下さい。↓↓↓

コンタクトフォーム https://plan-office.jp/contact/

 

専門スタッフが親切・丁寧にお客様をサポート、
企業の成長をサポートするコンサルティングはPlanning Officeにお任せ下さい。

 


◉プロモーションから読みとるPlanning Officeのサービス↓↓

◉当社サービスを分かりやすくセレクションサイトを運用中 ↓↓
%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88

◆株式会社Planning Office からのメッセージ。

環境部門と物流部門の融合で業務上の課題や問題点をソリューション。
省資源対策と資源の有効活用を軸に循環型社会の形成を目指します。

 

【ポイント1】
当社が提供するコンサルタントでは、廃棄物処理と清掃、物流、販促強化に伴う
コンサルティングとアドバイザリーをビジネスプランで提供致します。

 

【ポイント2】
プロの仕事をサポートする「プロサポ」が現在好評中。
①泡消火設備の施工・メンテナンスで生じる泡廃液処理コンサルティング
⇒スプリンクラーや放水銃の放射・発泡試験、薬剤の備蓄タンク等の廃液処理
②産業設備の清掃作業と産廃コンサルティング
⇒各種タンク・ピット・配管・分離槽清掃

 

各種業務改善・作業効率化、適正処理については当社までお気軽にご相談下さい。

 

環境・物流コンサルタント,マネジメント事業
株式会社Planning Office(プランニング オフィス)
TEL:048-470-2110
住所:埼玉県新座市東北2-31-13ミュージション志木
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜祝日
オフィシャルサイト https://plan-office.com/
セレクトサイト   https://plan-office.JP/
コンタクトフォーム https://plan-office.com/contact/ 

 

#株式会社PlanningOffice #環境コンサルタント #産廃コンサルティング
#廃液処理サポート #適正化診断 #業務改善 #作業効率化 #資源有効活用
#適正処理 #泡消火薬剤 #発泡試験廃液 #消防検査 #PFOS廃液 #資材調達

TOP